株式会社マックスリアルティー

お客様本位の業務運営に関する方針

HOME > お客様本位の業務運営に関する方針

株式会社マックスリアルティー(以下、「当社」といいます。)は、金融庁が2017年3月30日に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」の7つの原則すべてを採択し、お客様本位の業務運営を実現するために本方針を策定いたしました。当社は、本方針に基づく取組状況を定期的に公表していくとともに、必要に応じて本方針の見直しを行ってまいります。

1.お客様の最善の利益の追求

当社は、不動産と金融の知識を有する金融事業者として高度の専門性と職業倫理を保持し、お客様に対して誠実・公正に業務を行い、お客様の投資に関する知識、経験、財産、目的などを十分に把握し、これに照らした上で、常に何がお客様にとっての最善の利益かを考慮して行動いたします。

2.利益相反の適切な管理

当社は、お取扱いする全ての取引について、営業本部から独立したコンプライアンスオフィサーまたはコンプライアンス委員会規程に基づき組成されたコンプライアンス委員会が取引関係者の利害関係に関する事前審査を行い、お客様と当社(当社利害関係人等を含みます。)や当社のお客様同士に利益相反の可能性を認識した場合には、コンプライアンスオフィサーは必要に応じてお取引の中止ないしは関係当事者への事実の開示等の必要な措置を営業本部に対し求め、適切な管理を行います。

3.手数料等の明確化

当社は、名目を問わず、お客様が負担する手数料その他の費用の詳細を、当該手数料等がどのようなサービスの対価であるかを含め、取引の各プロセスにおいて、ご提案、ご説明のうえ、お客様が理解できるよう情報提供いたします。

4.重要な情報の分かりやすい提供

当社は、取引の各プロセスにおいて、収益・リスクをはじめお客様の最適な判断に必要な重要な情報を、正確かつお客様に分かりやすくお伝えいたします。

5.お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、お客様の投資に関する知識、経験、財産、目的などを十分に把握することに努め、お客様にふさわしい金融商品・サービスの提供を行います。

6. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、お客様の最善の利益を追求するための行動、お客様の公正な取扱い、利益相反の適切な管理等を促進するよう、全従業員を対象としてコンプライアンス勉強会を定期的かつ継続的に実施いたします。
また、従業員に対して適切な動機付けを行えるような人事評価制度の実践や適切なガバナンスを構築することにより、お客様本位の業務運営の維持・発展に努めます。